Archive for 2009年4月

h1

ポスター貼り と お花見

2009/04/29

今日は13時から40周年記念演奏会のポスター貼りがありました。

天気が良くて何よりでした。

 

2人くらいずつ駅前だったり土手町だったりにポスターを貼りにいきました。

 

ポスターは貼ってくれるとことが割と多いのですが、チラシは置く場所の関係なのかあまりひきうけてもらえませんでした。

 

そして16時からはオケのお花見でした。1年生もたくさん来てくれました。

夜は寒かったです。

昼間の桜もきれいだけど、夜桜もまたいいですね♪お堀に映るライトアップされた桜も、散って水面に浮かんだ桜もきれいでした。

春といえば、桜と・・・お酒ですね。笑

 

広告
h1

合奏日

2009/04/28

今日は、18:00からみちのくホールで合奏がありました。

「春の声」と「道化師」をやりました。

 

先生が「花見が終わらないうちは(合奏が)まとまらない!!」といっていました。笑

明日は花見なので、終わったらきっとまとまるはずです!笑

h1

40周年記念演奏会 OB・OG合同合奏

2009/04/25

今日は合奏でした。でも、いつもの合奏とは違ってOB・OGの方との合同合奏でした(^-^)♪

40周年記念演奏会について、ホームページなどでOB・OGの方の参加募集をしたところ、いろいろな楽器のOB・OGの方に参加していただけることになりました。今日の合奏には、遠いところでは千葉県からというOBの方もいらっしゃいました。

 

「遠き神々の物語」という曲を合奏しました。これは、伊奈かっぺいさんの語り部が入る曲です。今日合奏をしてみて、ますます伊奈かっぺいさんとのコラボレーションが楽しみになりました。合奏中に、実際にオーケストラの演奏に伊奈かっぺいさんの語り部が入ったCDを聞きました。津軽弁のところが、なんと言っているのかわからなかったです(笑)

いよいよ本格的に40周年記念演奏会の合奏がはじまりました。明日も合奏です(^-^)

h1

安達弘潮先生から皆様へ

2009/04/23

弘大フィル初演曲をプロオーケストラが再演

 

 本年(2009年)4月、仙台フィルハーモニー管弦楽団より弘大フィル宛に、故本間雅夫氏(2008年他界)の作品、「オーケストラのポリオステナート」を11月に演奏するので、初演当時のプログラムや音源等の資料を送る旨連絡がありました。もともとこの作品は、1993年2月26日に弘前市文化会館で開催された、「東北の作曲家‘93 in 弘前、管弦楽作品発表会」(主催、日本作曲家協議会)で演奏は弘大フィル(指揮、安達弘潮)で初演されたものでした。作曲者の故本間雅夫氏は青森県深浦の出身で、この曲を作曲した当時は宮城教育大教授でした。本格的な現代的手法によるこの管弦楽曲の練習は、当時の弘大フィルにとって大変しんどい練習だったとしての印象が残っていますが、当日のDAT録音を再現してみると、作曲者の独特の個性的な音楽性をよく表現した実に見事な演奏でした。(特に打楽器群が見事!)。当時の弘大フィルの団長(高杉拓雄氏)をはじめ多くの団員の皆さんに改めて敬意を表します。早速、当日のプログラムと音源をCD化し仙台フィルに送付しました。この曲は本年11月に仙台市で演奏されるとのことです。なお、1993年2月26日のコンサートでは、この曲の他、「オーケストラのための黒体放射」(石川浩 作曲)「オーケストラと歌曲」(林 芳輝 作曲)の二作品を初演しています。「東北の作曲家シリーズ」での弘大フィルによる初演曲は、この他にも数作品あります。それについての情報は後日改めてまとめます。なお、「オーケストラのポリオステナート」のCDの入手希望者は安達弘潮(adaczy@infoaomori.ne.jp)まで御連絡下さい。(文責、安達)

h1

ラプソディーイン津軽

2009/04/23

今日は18:00から大集会室で合奏がありました。

安達先生作曲の「ラプソディーイン津軽」という曲を先生の指揮で合奏しました。

 

この曲は、6月21日の弘大フィル創立40周年記念演奏会で演奏する曲の中の1曲です。この記念演奏会はOB・OGとの合同演奏会でもあるんです。今日はOGの方がコンサートミストレスでした。演奏会の合奏が本格的になってきたのだと実感しました。

「ラプソディーイン津軽」はその名の通り、弘前のねぷた祭りの太鼓のリズムをはじめとして、津軽リズムが満載の曲です。

 

おととい21日に弦楽器だけでこの曲を分奏したのですが、全体で合奏するのは今日が初めてでした。私はこの曲好きです。演奏していても、演奏中に他の楽器を聞いていても楽しいです。津軽の人にはもちろん、たくさんの人に聞いてほしいです。私の文章では全然良さが伝わらないと思うので・・・ぜひ記念演奏会にお越しいただいて生で聞いてほしいです(^-^)♪

 

 

春休みが終わって、講義が始まって・・・1週間がとても長く感じます。何で講義の時間ってあんなに長く感じるんですかね。合奏してるとあっという間に過ぎるのに。あ!眠くなったときに眠気を覚ます画期的な方法を知っている人がいたらぜひ教えてください。

h1

新歓コンサート

2009/04/16

4月14日18:00から、フィルの新歓コンサートがありました。

 

コンサートは、

威風堂々第1番

人生のメリーゴーランド(ハウルの動く城より)

パート紹介(木管→金管→打楽器)

魔笛

パート紹介(弦楽器)

サウンド オブ ミュージック

トリッチ トラッチ ポルカ

団長挨拶

新入生楽器ふれあいtime

という流れでした。

 

パート紹介では自分たちの楽器やパートを猛アピールしました。ただ楽器を演奏するだけでなく劇などの演出をしたパートもありました♪笑

それぞれパートの「色」が出ていてとても楽しい紹介でした。1年生もそう思ってくれていたらうれしいです。

 

楽器ふれあいtimeは、1年生が自分が興味のある楽器を体験してみる、という時間でした。

・・・今年の1年生は平成2年生まれなんですね。平成・・・響きから若い・・・すごくフレッシュでした(^-^)

たくさんの1年生が入団してくれたらいいですねー(*^_^*)

h1

大勧誘会

2009/04/10

今日は大勧誘会でした。

大勧誘会は新入生のために開催されるもので、各サークルが順番に決められた時間で発表をしていきます。

 

フィルは12時からの発表でトップバッターだったので、「時間的にあまり新入生が集まらないかな?」と思ったのですが、思っていたより客席に人がいたように思います。

 

「春の声」と「ハンガリー舞曲 第5番」を演奏しました。

 

写真は大勧誘会のタイムテーブルです。たくさんのサークルが発表しました。